なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2017年8月21日の今日の一杯

東京都新宿区大久保

古民家和食ダイニングを展開する、円らくグループの「油そば楽太郎」@池袋→「ジャンク堂」@原宿を経て2017年7月6日、大久保の地にてオープン。場所は大久保駅から線路沿いに進んですぐ、担々麺の「護摩龍」のとなり。店頭のイラストにも描かれている店主さんはモヒカンに両腕のタトゥーでちょっとビビってしまうがとても気さくで元気で好感接客。

2品トッピングが選べる「ちょいのせ油そば」(820円)を無料大盛でお願いした。トッピングはフライドガーリック、フライドオニオン、ネギ、メンマ、粉チーズなど多数。それらの中から温玉と小ライスとチョイス。浅草開化楼の極太縮れ麺、熟成っぽいしっかりした歯ごたえあるもの。まぜてもタレの味はしっかりキレキレでうまい。

そのままでも十分旨いのだが卓上調味料も充実しており、お酢、ラー油、マヨネーズ、わさびマヨ、エビ油、炙り胡麻、激辛ハバネロ、おろしニンニク、サンショウ、一味唐辛子、しょうゆ、コショウと種類豊富で色々試してみた。

「激辛ハバネロ」は本当に辛いので注意。どれもあうが個人的に気に入ったのは「わさびマヨ」。マヨネーズの旨味に。ほどよいわさびの刺激がたまらない。 いろいろ卓上調味料を試しているうちに麺がなくなりラストはライス投入。うん間違いのないうまさ。ごちそうさま。

お店データ

油そば専門店 のせ屋

東京都新宿区百人町1-23-17 大久保南口共同ビル1F(大久保)