なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2018年6月23日の今日の一杯

東京都杉並区阿佐ケ谷

5/16サイレントオープン。静岡県の磐田と浜松に3店舗展開する「情熱タンタン麺 あっぱれ家」が東京に進出。場所、阿佐ヶ谷駅より線路沿いに歩いてすぐ。真新しいきれいなお店。カウンターエリアとテーブル席エリアに分かれている。

麺メニューは担々麺のみで基本の「情熱担々麺」、辛口の「爆裂担々麺」、胡麻が濃い目の「濃厚担々麺」、「排骨担々麺」の4種類。他に浜松餃子なども提供している。

今回は「排骨担々麺」(1156円)をいただいた。。店内の解説ポップによるとベースのスープは鶏、豚、野菜など18種類の食材を用いた清湯スープ。毎朝炒めた胡麻やネギ油、ラー油は辛さ、香り、見た目など適した3種類のトウガラシを用いているようだ。いただいてみると、最近東京で流行っている胡麻が効いた濃厚タイプとは異なる、すっきりとしたちょっと懐かしいタイプの「担々麺」を進化させたような飲みやすいスープ。麺は極細麺。「排骨担々麺」は排骨を揚げる時間があるので少々提供に時間を要するが、通常の「担々麺」は提供が早い。排骨は濃い目の味付けで、揚げたて皮がパリパリでそのままいただくのもいいし、スープに浸しても美味しい。

麺を食べ終えたら追加で「タンタン雑炊セット」を注文。こちらはご飯の上に刻まれたネギ、ザーサイ、海苔が乗ったものでこれらをスープにいれて最後まで美味しくいただいた。

お店データ

情熱担々麺 遠や

東京都杉並区阿佐谷南2-20-10 伊鍋ビル1F(阿佐ケ谷)