なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば」@ひめたまの写真新店とのことで訪問しました。
今年の8月より営業してるとのことです。
本山商店街の中心部にその店舗はあるものの
なんとまぁ、閑散たる人通りですね😓
14時過ぎに訪問したのですが、先客、後客なし。
オープンキッチンで店主1名での切り盛りながら店内は小綺麗で広めです。
デフォルトの「中華そば」を注文しました。
約5分ほどで着丼。
若干の白濁系清湯スープに中央にドンとバラ炙りチャーシューが印象的ですねー。
では、早速にスープを。
鶏ベースですが、意外と強めに主張なく、あっさりスッキリで少し甘めの非常に優しい触りです。
個人的には非常に好きなタイプです👍
麺は、博多ラーメン級の低加水極細ストレート麺。
優しいスープと相性抜群!ながらですが、、、
茹で過ぎです。😨オープンキッチンで見てたのですが、麺投入から気にはなってたのですが案の定です😫
遠慮して言わなかったのですが、メニューにも茹で加減を聞いてくれるような余裕は欲しいですね。
小麦の風味はあまり感じず。オペの時に見えたのですが製麺工場で作ったものではなく、袋詰めの業務用麺のようです。スープとの相性で極細ストレート麺への着目はバッチリなのですが、麺の質がイマイチなので非常にもったいない!コストのこともあるでしょうが、麺の質をバージョンアップすればかなりイケると思うのですが、、、😅
トッピングのもやしも茹で過ぎでヘトヘトです。
「昔ながらの中華そば」をイメージしてると思われますが、ここは細もやしレア気味で決めて欲しかった。
メンマは業務用?無くても有っても気にならないレベルでこだわるならもう少し徹底して欲しいかな?
チャーシューはちょい厚めのバラ炙りチャーシューですが、これも不味くは無いが、この「昔ながら」のものにはちょっとアンバランス。
ニラキムチが置いてましたが、ニラに豆板醤を和えただけのものでしかも浸かりが浅過ぎでバツ!
このラーメンには合わないと思う。
まだ、試行錯誤な段階かもしれませんが、スープはとてもいいだけに所々に気になる点があります。
なんかすごくもったいない。
食べてて思い出したのですが、子供の頃に食べたリヤカーを引っ張ってた夜泣きソバのそれに近く、非常に懐かしい気分になりました。
最近忘れかけてた懐かしい「昔ながらの中華そば」をブラッシュアップして頑張ってもらいたいです。
これで止まることなく、更なる磨きに期待するお店で今後の経過を楽しみにしたいです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。